自転車のマナー

自転車の変速ギアは必要かどうか


自転車の変速ギアは必要か

坂道の走行を和らげてくれる変速ギアには自転車によって内装と外装とで分かれています。
外装ギアというのは文字通りギアが露出しているタイプのことで、6段変速など、多くのギアを装備してスポーティーに走行できる反面、チェーンを動かすため、しっかり調整しないと自転車のチェーントラブルを引き起こしてしまいます。
内装ギアは車輪の中央に密閉した構造です。
雨や汚れなどの影響を受けにくいので、長期間にわたってメンテナンスが不要です。
さらに、止まった状態でも気軽に扱えます。
値段のことや、脚力を鍛えるのであれば変速ギアは無理につける必要はありません。
でも無理をすると、膝を痛めてしまう可能性も示唆されます。
向かい風や坂道などで、過度にペダルを踏んでいると膝に負担がかかります。
それが関節などの故障に繋がります。
しかし、変速ギアは自転車に装備していると軽く走れるので便利です。
少々坂道ならちゃんと対応できますし、向かい風のときも重い荷物を運ぶときも疲労がたまりにくいので有利です。

坂道でも楽にこげる電動自転車の魅力


みなさんのお住まいの地域には、坂の多い場所がある、というケースも少なくはないのではないでしょうか。
平坦な道であれば自転車で走ることも難しくはありませんが、坂が多ければなかなか難しいのが現実なのです。
そうしたケースでは、漕ぎやすい軽量化された自転車を購入するか、あるいは電動自転車を導入するとよいでしょう。
とくに、電動自転車は一般のものに比べて値段も高価ですが、坂道でもしっかりとアシストしてくれるので楽に進むことができます。
ただ、色々なメーカーから発売されているので、中には粗悪品が混じっていることもあります。
とくに、自分の力でこがなくても進むものは違法ですから、日本の公道で乗ることはできません。
いざという時に責任を追求されるのはあなたなので、しっかりと公道に対応をしている安心できるメーカーのものを選ぶことが大切です。
有名な日本のメーカーであれば対応していますから、価格ではなくて安心度で選ぶようにしましょう。

check

大きいサイズ メンズ
http://www.bigsnet.com/

最終更新日:2017/3/23