自転車のマナー

自転車を構成しているパーツについて


自転車のパーツ

自転車はいろいろなパーツが組み合わさって、一つの大きな自転車になっています。
これを構成していく中で、ちゃんと正常に動かすためには各パーツがしっかりと合わさって役割を果たしていることが重要です。
もちろん各パーツは使用する場所と機能などは様々ですが、上手くかみ合っていなければ、本体を壊すだけでなく使用者も怪我してしまいます。
なので、本体と各部品の定期的なメンテナンスが必要になります。
また、自転車を愛用している人の中には、部品だけを組み替えて、本体としての性能を引き上げるために改造をしたり、パーツだけを購入して一から組み立ててオリジナルの自転車を作る人もいます。
もし、ちゃんと動かなかった場合はどこかの部品がなくなった、緩んでいる、破損しているかのどれかになります。
本体の拡張をするための部品やギアを増やしたり、スタンドをつけたりするのに、必ず必要になってくるものです。
お店に行って購入できるものや取り寄せしかできないものなど様々です。

自転車のフレームについて


自転車を構成する部材としてフレーム、骨格があります。
種類は多種多様になもので出来ています。
主な物には、ロード自転車フレームとマウンテンバイクフレームがあります。
その他の種類としては、伝統的なロー車に採用される上管が水平で、立管短くしたコンパクト型。
管を組み合わせて作るのではなく殻構造として喪にコック型。
上管が後に下がった2本の細い管で構成されているミキスト型。
上管を立管の中央部分より低い位置に接続させたフレームで女性がスカートでも跨ぎやすく構成したスタッガード型。
頭管を水平に上方2本で構成させ下部はひし形を構成させてレトロな雰囲気があるダブルトップチューブ型。
左右の短いステイが立管を挟むように上管後方部まで伸ばした形で剛性及び強度を高めた重量をやや大きくしたトリポルタライアングル型。
運搬や保管にを便利にするため分割しやすく継ぎ手と管で分割が可能な分割型などがあります。
それぞれに特徴がありますので、使用勝手にあわせて選択することが有用です。

Valuable information

リネン生地を用意する
http://www.cotton-chack.com/

最終更新日:2016/12/16